派遣社員と福利厚生の関係について知っておきましょう

福利厚生の中でも、健康保険や社会保険のしくみは重要です。

 

無休期間ができやすい派遣というライフスタイルでは、人材派遣健康保険組合によるはけんけんぽなど、特別なしくみもあります。

 

独特の働き方ならではの、福利厚生という考え方をみにつけてもしもの時にそなえておきましょう。

 

派遣会社人気ランキング上位一覧

派遣社員福利厚生は?待遇について【保険どうなの?】記事一覧

派遣社員でももちろん労災は適用されます。労災は企業が実際に労働者が事故や災害にあったときに、事業者の負担を肩代わりするという側面があります、また自動車の自賠責保険とよくたとえられますが、事業者が人を雇う際に強制的に加入しておかなくてはならない保険です。また、事業の内容や過去に労災適用があったかどうかによっても、労災の保険料が異なるようです。ですが、これらはあくまでも事業者側である派遣会社の問題です...

就業規則などに、派遣社員などの育児休暇に関する条項が含まれていれば、育児休暇をとることもできます。ただ、派遣の契約期間は3ヶ月から6ヶ月で、契約を更新しないという風に処理して、育児休暇を払わないようにする場合があります。実際問題として、育児休暇が取れるということはまずないといって良いでしょう。出産育児一時金などの保障については、それぞれの保険について被保険者であれば適用されることになります。しかし...

派遣社員でも、条件を満たした場合は社会保険に加入する義務があります。会社が社会保険の制度を用意している場合(社会保険は大体の会社が用意しているはずです。)は強制的に加入することとなります。得に、派遣会社などは労働基準監督署から派遣社員の対応についてチェックがされているはずですから、社会保険に加入していない派遣会社はほとんどないともいえます。問題になるのは、むしろ派遣社員側が社会保険への加入を拒んだ...

有給休暇については、アルバイトにも適用されていますし、もちろん派遣社員にも適用されることになります。ただ、その運用については非常に難しいところといえます。「継続した就労状態」が有給休暇を使う条件ですから、30日以上あいた場合には新たに有給休暇について計算をしなおすことになります。とりあえず有給休暇が手に入るのは、継続して六ヶ月以上の勤務が必要です。有給休暇は、途中で休業期間があると消滅してしまいま...

派遣社員の健康診断について紹介します。労働安全衛生法で、一年に一回健康診断を受けさせることが決められていますが、派遣社員にも同様に健康診断などを行っている派遣会社がほとんどです。大手の派遣会社の場合は、ほとんど行われていますから是非利用してみてください。といっても、健康診断の実施については労働安全衛生法の44条により義務付けられているため、派遣会社の場合でもほとんどの場合実施されているといっていい...