派遣社員の休暇は?

有給休暇については、アルバイトにも適用されていますし、もちろん派遣社員にも適用されることになります。ただ、その運用については非常に難しいところといえます。

 

「継続した就労状態」が有給休暇を使う条件ですから、30日以上あいた場合には新たに有給休暇について計算をしなおすことになります。

 

とりあえず有給休暇が手に入るのは、継続して六ヶ月以上の勤務が必要です。

 

有給休暇は、途中で休業期間があると消滅してしまいます。とはいえ、退職間際になって派遣先にまとめて10日の有給休暇を請求しても、引継ぎなどの事情から事実上難しいこともあるかもしれません。

 

そんなときは、派遣会社の担当者などに相談してみてください。

 

有給休暇の買い上げは、法律上認められていないのですが、契約期間を延長することでその延長分を有給休暇として扱うなどという風な代案を提案してくれるところがあります。

 

派遣社員の有給休暇については、それぞれの事情によって一概には言えないところも多くありますが、原則として、条件を満たせば認められるということは覚えておいてください。

派遣会社人気ランキング上位一覧

派遣社員休暇ある?運用の仕方は?【短期でも有休取れる?】関連ページ

派遣社員の労災
派遣社員が事故などにあった場合など、労災に関する規定について。
派遣社員の育児休暇
派遣社員が妊娠・出産した場合の育児休暇について。法律上の規定条件を満たすのが難しいため、派遣会社独自の制度を利用することになります。その点も踏まえて比較すると良いでしょう。
派遣社員の社会保険
派遣として働く際の、社会保険についての扱いがどうなっているかをご紹介します。
派遣社員の健康診断
派遣社員に対して、労働安全衛生法で決められている年に1回の健康診断について。